中古キャンピングカーのトイレは汚い?!

キャンピングカー 中古 写真1 中古 キャンピングカー 写真2

キャブコンタイプのキャンピングカーを所有する上で、最大のメリットとなるのが、この
トイレ装備だと私は思っています。

トイレがあれば、完全に自立したキャンピングカーライフが送れるのはもちろん、渋滞中
の高速道路も怖くありません。

  中古キャンピングカーであれば、当然トイレも
  中古品となり、前オーナーが使用したトイレを
  そのまま引き継ぐ形となります。

  中古キャンピングカーの、トイレの確認事項は
  ただひとつ、「各部が清潔に掃除されているか」
  という点につきます。

  まずは全体を見回してみて、汚れはもちろん、
  破損などがないかを確認していきます。


特に便器の前部分は汚れが付着しやすい場所ですから、ココが汚れたまま販売しているような
中古キャンピングカーショップからは、購入してはいけません。

中古キャンピングカーのトイレは汚い?!

キャンピングカー 中古 写真3 中古 キャンピングカー 写真4

次のチェックポイントは、水洗装置がキチンと作動するかを実際に水を出して確認をします。

水洗式のカセットトイレですから、水が出なければトイレを流すことができないため、必ず
確認をするようにします。

  続いてトイレットペーパーホルダーがあれば、
  その状態も確認しておきます。

  中古キャンピングカーの使用済トイレがどうし
  ても気になるという方は、カセットトイレの便
  座と汚物タンクだけを新品に交換するという手
  もあります。

  価格もそれ程高くありませんから、購入後自分
  で交換するもヨシ、又は購入の際にサービスで
  交換して欲しいとお願いするのも、ひとつの手

かもしれません。

一部でも新品になるだけで、随分と印象は違うものですから、気に入った中古キャンピング
カーが見つかれば、そのようなことも検討してみるとよいかもしれません。

中古キャンピングカーのトイレは汚い?!

キャンピングカー 中古 写真5 中古 キャンピングカー 写真6

さらに、トイレルーム内の壁や、床、目地などに施工されている目地材(コーキング)の状態
も確認しておきます。

  写真のように汚れやカビみたいな物が付着して
  いる中古キャンピングカーはやめた方がいいと
  思います。

  大抵の中古キャンピングカーショップでは、中
  古車両が入庫すれば、各部の点検と清掃を始め、
  目地材に汚れやキズがあれば、打ち換えや補修
  をするハズで、そのままで販売するということ
  はあまり考えられません。

  衛生には特に気を遣う場所だけに、「キレイ」

かどうかで、中古キャンピングカーに対する印象は随分違うと思います。

「トイレの汚い中古キャンピングカー」買いたくないですね。

最後に、私の個人的な考えとしては、このようなカセットトイレがあるキャンピングカーは、
「最強」だと勝手に思っているところです。

▲ページトップに戻る