発電機とソーラーパネルの有効性は?

キャンピングカー 中古 写真1 中古 キャンピングカー 写真2

近年頻発する大規模災害を受けて、にわかに需要が高まりつつある商品に、「発電機」があ
ります。

イザという時に発電機があれば、いろいろな電気製品を使うことが出来、災害時には大変心
強いものです。

  2005年頃からキャンピングカーにおいても、
  発電機ブームが巻き起こり、進化を遂げながら
  現在に至っています。

  上の写真のように、やや大型の発電機をキャン
  ピングカーに搭載して、居室内の電気製品を動
  かしたり、車外で100V電源が使えるように
  したりしています。

  家庭用のエアコンもこの車載発電機で運転し、
  国産エアコンの性能は折り紙付きということで、

家庭同様の快適な暮らしができる上、運転音も静かということです。

中古キャンピングカーにも発電機装備の車両があり、発電機の作動状況や、室内機器の作動
状況なども合わせて確認しておきたいところです。

発電機とソーラーパネルの有効性は?

キャンピングカー 中古 写真3 中古 キャンピングカー 写真4

発電機もさることながら、キャンピングカー業界で、じわじわと採用が増えている装備品の
ひとつに、「ソーラーパネル」があります。

今では知らない人のいない、クリーンエネルギーの代表格で、キャンピングカーにも搭載し
ている車両が増えつつあります。

  発電機のように燃料が必要ないため、良いこと
  づくめのようですが、ソーラーパネルの他に、
  チャージコントローラー、高性能の蓄電池等が
  必要で、コストパフォーマンスから見れば、発
  電機に軍配が挙がります。

  さらに最近は、国産の発電機だけでなく、右側
  写真にあるような、輸入品の安価で大容量の発
  電機も登場しています。

  まだまだ数は少ないですが、中古キャンピング

カー販売店などで、ソーラーパネルの装備された車両があれば、発電容量や電気の用途など
をよく確認し、納得してから購入しましょう。

あまりに出力が小さいソーラーシステムだと、気休め程度の発電しかできていない場合も多
くあるため、注意が必要です。

発電機とソーラーパネルの有効性は?

キャンピングカー 中古 写真5 中古 キャンピングカー 写真6

左側の写真は、市販の発電機に燃料供給システムを追加して、キャンピングカー後部に装備
したものです。

これに対して、右側の写真の発電機は、専用ケースに入った本格派です。

  この発電機を覆っている黒いケース、騒音を抑
  えるだけでなく、ダンパーなどが使われており、
  振動も大幅に低減させています。

  これをキャンピングカー後部に吊り下げ、車内
  の電気製品を動かそうという訳です。

  車両自体の販売数が少ないため、めったに中古
  キャンピングカー市場には出てきませんが、出
  ていても、かなり強気な価格設定です。


制音・制振処理の施された専用ケースに入れられているため、実際に運転していても、車内
ではほとんど気になりません。

中古キャンピングカーとしても、価値ある車両というのも頷けます。

▲ページトップに戻る