アメリカ製中古キャンピングカーの選び方

キャンピングカー 中古 写真1 中古 キャンピングカー 写真2

ゴツイ顔つきに大きなボディ、大排気量の力強いエンジン、それに広く豪華な車内、という
のが私のアメリカ製キャンピングカーのイメージ。

全長は8mを超え、全幅に至っては2.4m近くとダンプカー並、さらに排気量においては、
6,800ccと、国産軽自動車の10台分以上と、何もかもBigです。

  こんな大型のキャンピングカー、日本国内で走
  らせるのはさぞ大変だろうと思うのですが、好
  きな人は意外に多く、時々高速道路のパーキン
  グエリアなどで見掛けます。

  6,800ccという大排気量のため、燃費も
  1リッター当たり3〜5キロと、最近のエコカ
  ーブームも真っ青の燃料消費量に、乗り手を選
  ぶキャンピングカーには違いありません。

  中古キャンピングカー市場にも玉数は少ないな

がらも流通しており、ベース車両のモデルチェンジが頻繁に行なわれないこともあってか、
年式の割には古さを感じさせないところが不思議。

アメリカ製中古キャンピングカーの選び方

キャンピングカー 中古 写真3 中古 キャンピングカー 写真4

ロードトレックという北米製のバンコンキャンピングカーもあり、余裕のあるベース車両に
様々な工夫をこらした装備品を備え、この車両サイズでトイレやシャワーなどの装備があり
ます。

  4,800ccのV8エンジンを搭載し、最大
  馬力は280馬力というこれまたデカイエンジ
  ンは、高速道路などでの移動が楽々です。

  数年前に行なわれたベース車両のモデルチェン
  ジによって、フロントマスクが力強い感じにな
  り、精悍さが増しています。

  ちなみに右側写真は旧型ベース車両のモデルで、
  中古キャンピングカーの相場として200万円
  台からあります。

新型ベース車両となると、2012年現在で、グレードにもよりますが、中古車両でも、
400〜700万円程の価格です。

アメリカ製中古キャンピングカーの選び方

キャンピングカー 中古 写真5 中古 キャンピングカー 写真6

カナダにあるレジャーコーチワークス製のキャンピングカーに、BCヴァーノン(バーノン)
というキャンピングカーがあります。

2002年モデルを最後に現在は生産されていませんが、6mを切る全長と広い車内が使い
やすく、今でも根強い人気があるキャンピングカーです。

  ベース車両とのマッチングも絶妙で、今見ても
  カッコイイと思えるスタイルです。

  絶版車となっているため、中古キャンピングカ
  ー市場でも、強気の販売価格が当たり前でした
  が、ここ数年国産キャンピングカーやヨーロッ
  パ製キャンピングカーが販売を伸ばしているた
  めか、以前ほど強気な価格設定は見られません。

  コンパクトタイプの北米製キャンピングカーを
  手に入れるなら、今がチャンスかもしれません。

日本国内にも、BCヴァーノンをメンテナンスできる中古キャンピングカー販売店は多く、
購入後のアフターケアにもあまり心配はいりません。

▲ページトップに戻る